広告予算の考え方

カテゴリ
コンサルティング

こんにちは。
法人リストサポートスタッフです。

新規開拓というのは会社の営業活動の中でも
最も労力がかかり、かつコストが高い所です。

既存顧客の維持であれば年に一度のDM程度で済みますし、
一般的に「新規開拓コストは既存顧客維持の5倍かかると」言われています。

おおまかにですが、広告費は売上の10%程度で
組むのが良いかと思います。

営業利益率にもよりますが10%程度であれば
ビジネスモデルの利益と相殺できるぐらいだからという理由です。
(もちろん10%以下の営業利益率であればもっと下げた方が良いと思います)

この景気環境の中では「高成長」「急拡大」という
「ハイリスク・ハイリターン」という考え方は捨てた方が良いと思います。

しかし予算が少なすぎても広告は「確率論」という側面もありますので
「一攫千金」の様な広告の進め方もお勧めできません。

FAX DMであれば5,000~1万件は送らないと「反響率」が大きくぶれます。
とりあえず1,000件・・・といった進め方では「当たり外れ」が出て
だいたいは損をします。

広告予算を考えるときは自社の売上に合わせて
10%程度で組んで、まずは進めていきましょう。

まずはお気軽にご相談ください! 法人リストの検索から新規開拓まで。検索条件や過去の事例も!初めての方も安心のトータルサポートお電話の場合03-6205-5375 9:00  ~ 19:00※土日祝日休、弊社指定定休日を除く メールの場合お問い合わせ・資料請求はこちら