広告がうまくいったかどうかの判断基準

カテゴリ
コンサルティング

こんにちは。
法人リストサポートスタッフです。

物事には確率というのがあります。

確率は数が少ない時は大きくブレたりしますが
数が多くなるにつれて安定します。

そして広告の反響率も確率論で、
ある程度予測が立ちます。

例えばFaxDMの送信母数が少ないと
反響は大きくブレます。
例えばFAXDMで100、1000件程の送信では、正しい反応率はわかりません。

やはり1万件ほど送信しないと、
上ぶれたり、下ぶれたりします。

大切なのは正しい反響を取る事です。
そして正しい期待水準の効果を出す事です。

その為に大切なのは、
「基準値以上の結果を持って効果測定を行う必要性がある」という事です。

何事においても一緒ですよね。
ちょっとかじってやってみて良し悪しの判断はできません。

ひとつ何か決めたら、それをじっくりやりながら効果を判断する事が大切です。
ましてや、一か八かで広告はやる物ではありません。

正しい効果を得るには、正しいボリュームで効果測定を行い、
正しい判断をしていきましょう。

まずはお気軽にご相談ください! 法人リストの検索から新規開拓まで。検索条件や過去の事例も!初めての方も安心のトータルサポートお電話の場合03-6205-5375 9:00  ~ 19:00※土日祝日休、弊社指定定休日を除く メールの場合お問い合わせ・資料請求はこちら